脱毛サロンの契約 解除方法

契約後の解約はできるの?

脱毛サロンで契約をしたけれど「仕事で転勤になってしまった」「脱毛施術が肌に合わなかった」「良く考えてみたら契約した金額が高額過ぎた」など、さまざまな理由で施術を続ける事が難しい場合が出てきます。

そんな時に契約してしまったのに解約はできるのか不安になりますよね。

そこで今回は契約後の解約はできるかどうかご紹介していきたいと思います。

クーリングオフ制度

このクーリングオフ制度、一度は名前を聞いた事があるのではないでしょうか?

訪問販売やローン契約、電話勧誘販売などは8日以内(場合により日数は変わる)に書類を交付すれば契約は解除できるというものです。

もちろん脱毛サロンも特定継続的役務に該当しているのでクーリングオフできますが、それには条件があります。

  1. 契約をした日から8日以内(8日目の消印も有効)
  2. 契約の期間が1カ月以上
  3. 契約の金額が5万円以上

となっています。
逆にいえば、契約期間が1カ月未満であったり、契約金額が5万円以下の場合、クーリングオフは対象ではないので注意しましょう。

途中解約

中途解約の場合、返金してもらえるという脱毛サロンは多くありますが、サロンごとにその内容は変わってくるので、契約の際にきちんと聞いておくようにしましょう。

解約理由と返金額についてですが、

  1. 契約後の肌のトラブルの場合は、この先施術を続けて行く事が難しいので、施術した回数の金額は差し引いて返金してもらえます。
  2. 自身や家族の入院など、サロンに通う事ができない場合も、返金してもらえますが、サロンによっては、休止扱いにしてくれるところもあるかもしれませんので、相談してみて下さい。
  3. 妊娠した場合などは、途中解約しなくても休止扱いにしてくれるかもしれませんので、サロンに相談してみましょう。また途中解約も可能になります。

ただし、サロンによっては、違約金10%程度発生するところが多いので頭に入れておきましょう。(理由によっては発生しない場合もあります)

また、月額制の場合は、やめたい時にすぐ解約できるのがメリットで、基本返金制度はありません。